お金の悩みを解決〜どうやってお金を作る??〜

お金の悩みを解決する方法を書いています。

学生時代なんですが、実家で上京資金をためるために100円均一でアルバイトをしていた時のことを書きます。

「時給900円」と、当時の私の地域では破格の値段だったのもあり、生まれて初めてのアルバイトをその100均の店舗で働くことにしました。

500坪の広い店内に、こまごまとしたアイテムが所狭しと並べられていました。一日の売り上げ平均は100万円以上と本当にマンモス店舗でした。

店内は小走り以外不可(お客様案内時は除く)、大声での商品アピール(3秒以上の無言はNG)とかなりハードな内容でした。

一番困ったのが、お客様に「あの商品はどこにあるの?」等、聞かれるときです。

売場は食品や文具、プラスチックや園芸品、生活雑貨や割れ物等、大まかに分類された売り場に置いてあるのですが、アイテムが小さいほど見つけるのが本当に困難です。

自分が品出ししていれば「この辺においたはず」と目星はつけられるのですが、それが別の場所に移動されていたりなんてよくあることなので、探すのが大変でした。

商品の回転も速く、新商品も毎週のように届くので在庫がパンパンに置かれた隙間の無い売り場のどの辺に置くのか、どのように陳列してお客様の目にアピールするのか計算します。

店長や上の人は本当に素敵な商品の陳列をするので、すごいなぁと新しいアピール商品が並べられた棚を見るたびに思いました。

品出しが一番のメイン業務なのですが、大きな台車に山積みに乗せられた段ボールを「一時間でやってきて」といわれ、ひいひい並べていました。その際にももちろんお客様対応や商品のアピールも忘れません。忘れちゃいけません。

年末年始は、大型トラック5台分ほどの在庫を抱え込むので(それでも年始二週間くらいでほぼはけます)、まずそれをバックヤードに入れるのが大変でした。

全部は入りきらないので、大きなキャスターに乗せて閉店後に店内に運び込む作業もハードでした…。
そこできっちり三年以上働きました。なのでそれ以降どこで働いても精神的に参ったことはないです。

本当に強くしてもらったと思います。

最初に働いたアルバイトがそこでよかったと今なら思えます。楽な所で最初働いてしまったら、つらいところで働くことになった時にすぐ投げ出していたかもしれません。

本当に泣くほど大変でしたが、本当に強くなったと思います!!

最終的にバイト代を貯めて、上京する事が出来ました。あっ、でもちょっとだけ資金が足らずカードローンでお金を借りちゃいましたが…。

こちらで・・・学生カードローン

お金は何があっても、絶対に借りないし、貸したくないです。
消費者金融は絶対のこと、友人、家族でもあり得ないと思います。

「金の切れ目は縁の切れ目」と言いますが、まさにその通りです。

私がまだ小学生だった頃、父の会社の経営が宜しくなく、あらゆるところからお金を借りていました。
努力のかいも虚しく、結局倒産となってしまった時に、家に借金取りが押し寄せてきたのは今でも鮮明に覚えています。

小さいながらに「お金で困っている」ということは認識しておりましたし、
どうにかしてこの状況を打開しようとしている両親2人でしたが、お金と父親の不倫をきっかけに離婚となりました。

その後、慣れ親しんだ家を売却せざるを得なくなり、アパートで母と二人で暮らし始めて、今に至ります。

この経験があって以降、お金のやり取りにはとても慎重になりましたし、今でもお金は貸さないのは当たり前のこと、仕事でどうしても仮に払わなければならないとしても、必ずメモを残しておき、後から会社に清算して貰うようきっちりとした帳簿をつけていました。

ですが、ある時、当時好きだった人から仕事の都合でどうしてもお金を貸して欲しいとお願いされました。
その人は、昔もお金で不透明なことがあったので、「絶対に嫌だ」と伝えたのですが、銀行からも借りることは出来ず、「ここでこのお金が無ければ、仕事が出来なくなってしまう」と懇願されました。

頭の中で何回も自問自答していたのですが、好きだった人ということもあり、借用書にサインをすることを条件に「20万円」を貸し出しました。

結果は・・・返済の期限になっても帰ってこず。
むしろ、逆ギレされるという意味の分からない展開になりました。

今まで一緒にお酒を飲みに行ったり、バカなことをしながら毎日を過ごしていたのに、今ではお互いに「敬語のメール」のやり取りをしているのみ。

たまに職場ですれ違っても、挨拶しかしない毎日で、なぜか私が一方的に気まずい思いをしています。
しかも、その彼は「ゲイ」だったという・・・

あ、ゲイであることが悪い訳じゃないですよ。私の思いを知っていて金を貸してくれ、と言ってきたのが、本当に腹が立ちます。

ああ、なんであの時にお金を貸したのか・・・今でも後悔をしています。
こんな経験をしてからは、絶対にお金は貸さないし、借りない!と心に決めています。

もしお金を借りるなら、低金利で安全なローン会社から借りるようにします。
こちらを参考に⇒http://xn--u9j7nsa9a9543aludgq5l.net/